Keikoの英語学習note

Japan.Tokyo,housewife,two children and・・・

肉じゃが。味付けはシンプルに!

 
最近作ったもので、一番家族が
モリモリ食べてくれたものかもしれません(^^)
 
今回は、あえて
材料も調味料もシンプルに
余計なものは入れずに作りました。
 
まずジャガイモに味が浸みやすくなるために
切った後茹でる。
 
しらたきを湯通しする。
 
お肉を切って炒める。
 
味付けは、本だし
めんつゆ
みりん
 
これだけです。
あとは素材から出てくる味を楽しみたいと
思ったので・・・
 
人参やさやえんどう などが
入っているとさらに見た目にも美しく
食欲をそそりますよね。
そのへんはご自分の好みで良いかと思います(*^^)v
 
そもそも、肉じゃがって和食だっけ?
 
そういえば、外国の方へおすすめしたい
和食は?と
聞かれたら
 
真っ先に
寿司
そば
天ぷら
すき焼き
 
など、ちょっと高級料理店を勧めるかたも
多いと思います。
 
しかし、わたしは
もし将来ホームビジットなどで
外国の方へおもてなしの為に
何かつくるとしたら
「肉じゃが」かもしれません。
 
最も家庭的であり
スーパーの食材で作ることが出来
ご飯との相性も抜群!
お醤油、みりん など和食定番の調味料で
仕上げるところも気に入っています!
 
そもそも、肉じゃがとは
明治3年から明治11年まで
イギリス留学をしていた
が考案したらしいです。
 
幕末時代に活躍した、薩摩出身の侯爵。
大久保利通に頼み込んでイギリス留学を果たしたのです。
 
イギリスで彼は、これまで食べたことのない
ビーフシチューに感激し
日本でも味を再現しようと
料理人に作らせたのが発祥の起因。
 
当時の料理長
ビーフシチューの存在を知らず
そして、そもそも
ワインやデミグラスソースも日本にはないため
考え抜いて作られたのが
肉じゃがの始まりだそうです。
当時は、牛肉や豚肉を醤油とお砂糖で
煮込むのは斬新だったそう。
 
と、こんな誕生秘話があります(^'^)